緑内障や飛蚊症の対策〜目を保護するなら眼科に任せなサイト〜

勉強をする人

原因から防ぐなら

看護師

飛蚊症の種類によっては誰にでも起こる可能性もあります。ただ、誰にでも起こる飛蚊症といわれる生理的飛蚊症は、治療法がよくわかっていないため、どのように防ぐかが大切になってきます。また、生理的飛蚊症を発症していても生活習慣に気をつけることで改善することができるかもしれません。基本的に生理的飛蚊症は眼球の老化によって起こるといわれていますが、老化が起こる原因が紫外線です。紫外線は、人間の体の中に活性酵素を増やすといわれています。その紫外線が日光や他の要因で目に入ることで活性酵素が眼球内に発生するため、飛蚊症が起こるのです。紫外線は日光からはっせられますが、現代では使われることも多いパソコンからもそれ似た光を発生させています。そのため、飛蚊症を防ぐために紫外線対策を行うなら、ブルーライト削減のメガネ等を活用して、パソコンを操作するといった工夫が大切です。その他にも眼科に行き対策方法を教えてもらいましょう。

網膜剥離によって飛蚊症が起こっている際は、眼科で治療することで飛蚊症と網膜剥離を解消してもらうことが可能です。網膜剥離によって網膜が破れて出血し、飛蚊症が起こっている際は眼科で硝子体手術を行うことが一般的です。硝子体手術では飛蚊症の原因となる出血を防ぐだけでなく、網膜を元に戻すことで網膜剥離による失明の危険性を下げることも可能です。光凝固法といわれる方法で治療することもあります。網膜剥離が軽い際はこの光凝固法で治療することが一般的です。レーザーを活用して眼球の内部に光を当てて網膜を焼くことで飛蚊症の原因ともなる網膜の破れを予防することが可能です。網膜剥離がひどくならないようできるだけ早めに治療することで飛蚊症を予防することもできるのです。

Copyright© 2015 緑内障や飛蚊症の対策〜目を保護するなら眼科に任せなサイト〜All Rights Reserved.